We are ROBAKIKAKUSHITSU

We are ROBAKIKAKUSHITSU.

猫がきた!キャットケージ作ってみた【猫ハウスDIY】

June 6, 2018
謹んで大雨被害のお見舞いを申し上げます。
このたびの大雨により被害を受けられた皆さまにお見舞いを申し上げます。
ロバ企画室は一日も早い復旧を心からお祈りいたします。
猫がきた!キャットケージ作ってみた【猫ハウスDIY】

子猫が来たよ! YA!YA!YA!

1号です。

2週間ほど前のこと、
「知り合いの知り合いのおじいさん、おばあさんが子猫を拾って困ってるらしいんです〜」
と、3号かずみちゃんからLINEメッセージが届きました。

我が家では、いつかワンコをお迎えしたいねと、保護犬のHPなどでワンコのリサーチ中でした。
そんなタイミングで飛び込んできた、猫ちゃん情報。

私は本当はどちらかというと猫派。
なので、めっちゃ飼いたい。。。
物心ついたときから、飼いたくて、でも飼えなくて、トラウマになるレベルで恋い焦がれた猫とのくらし。
でも他の家族はどちらかというと犬派なので、あきらめ半分で、
「困った猫ちゃんいるんだって〜・・・」とオットくんに相談したところ
「どこにキャットウォークを設置しようかね」と、まさかの食い気味賛成!
みんなで話し合った結果、じゃあお迎えしよう!ということになりました。

猫用ケージを作ってみた

猫ちゃんを迎えることになり、急ぎホームセンターに必要なグッズを揃えに行きました。
お留守の間、猫ちゃんに入ってもらうためのケージも必須。
でも、納得行くデザイン&お値段のケージが見つからない。
ということで、ちょっくら作ってみることにしました。

■材料 (ほぼ全部カインズで揃えました)

【メッシュネット】
60cm×30cm—3枚(ケージ前面) ¥198×3=¥594
90cm×45cm—2枚(ケージ側面) ¥398×2=¥796
60cm×45cm—1枚(ケージ上面) ¥278

【あなあきボード】 90cm×60cm—1枚(ケージ背面) (値段わすれた)

【結束バンド】 150mm—いっぱい (値段わすれた)

【ペット用マット】 45cm×45cm (値段わすれた)

【鍵になりそうなフック】 2個 (値段わすれた)

【IKEAトロファストの収納ボックス】 42x30x10cm—3個(2階・3階・トイレ) ¥300×3=¥900

合計 5000円くらい

作り方

背面、側面の接続
背面になる穴あきボードと、メッシュネット(90cm×45cm)を結束バンドでつなぐ。最終的に結束バンドは20cm間隔くらいで取り付けました。
結束バンドは最初ゆるめに取り付けて、あとからギュッと締め付けて、最後にハサミで短くカット。

上面の取り付け
上面になるメッシュネット(60cm×45cm)を結束バンドで取り付け。
前面の取り付け
前面になるメッシュネットは、左下の部分をドアにするため、他の2枚は結束バンドで固定、左下の部分は、1辺だけ固定。

ひとまずここまでで、高さ90cm×幅60cm×奥行き45cmの枠組みが完成!中2男子がまんまと捕獲されました。

2階・3階の設置
子どものおもちゃ収納のために、数年前に購入したIKEAのトロファストですが、ボックスの使い勝手がよくなく、ボックスを外して本棚として使っていました。余っていたボックスが、こんなところで日の目を見ようとは。
ボックスの四隅にドリルで穴をあけて、猫ちゃんの動きを見て、ちょうど良さげな高さに2階3階をとりつけました。

ペット用マットをひいて完成〜!※ぬいぐるみ提供…むすめ

作ってみて・使ってみての感想

【良かったこと】

  • 全部メッシュネットで作るより、背面を有孔ボードにしたことでしっかりした作りになった。
  • 黒のメッシュがインテリアに溶け込んで、なかなかかっこいいのではないでしょうか。
  • メッシュネットの組み合わせを変えれば、子猫が大猫になっても拡張できる。
  • 鍵用のフックは、毎日何回も開けしめするので、がっしりして持ちやすいのを選んで正解。

【改善の余地あり】

  • 猫のお迎えまで時間があれば背面の有孔ボードに、オイルをぬったり、サインペインティングをしたかった。
  • 今は床をつけてないけど、子猫が大猫になったらフレームを持ち上げるだろうと思われる。床材(木の板?)を買ってきてフレームと接続せねばなるまい。(そのときはキャスターも取り付けようっと)

我が家にやってきた子猫ちゃんは、五月が丘の素敵なご夫婦から、5月にいただいたのでさつきちゃんと名付けました。
初日からトイレでトイレしてくれるし、甘噛するけど痛くないし、超絶可愛いし、天才かもしれません。

さつきちゃんにとって、ケージは
入ったら、「みゃー!(だして〜)」となくので、居心地がよいとは言えなさそうですが(汗)
日中は安全にお留守番してくれています。

猫ちゃんのケージを作ってみようかなーという方に参考になればうれしいです!
大事な猫ちゃんが怪我や脱走をしないように、よーくよーく気をつけて、愛情たっぷりのケージを手作りしてみてくださいね。

猫をなでながらカープを見る幸せ・・・プライスレス!

Comment On Facebook