We are ROBAKIKAKUSHITSU

We are ROBAKIKAKUSHITSU.

ロバ緑化プロジェクト【裏庭編3】

ロバ緑化プロジェクト【裏庭編3】
みなさま、こんばんは。ロバ1号です。

2月は逃げる。という言葉通り、怒涛のスピードで2月が逃げ去っていき、気がつくと3月がやってきました。

2月中になんとか、、、と思っていたことができなかったこともあり反省の多い1ヶ月でした。

ロバは機嫌よく楽しく働く。が基本。
このかん、キャパの150%くらいでぶっ飛ばしていたなあと思うのでキャパとペースを調整しなくてはいけなさそうです。

裏庭のシンボルツリー、ミモザ

さて、ロバ緑化プロジェクトの第3回目。
裏庭にやってきたミモザについて。

裏庭はもともとこんな感じで、荒れ放題でした。
↑の写真に写っている、左側の大きなミモザの鉢植えがやってくる前、裏庭に置く植物をことごとく枯らしていました。

・室外機の前なので、何を置いても乾いて枯れちゃう。
・ビルとビルの間なので日がさす時間が短い。

この庭ではグリーンを育てるのは無理なのか…

でも、窓からの景色を楽しんだり、ホット一息つける場所にしたい!

一縷の望みをいだき、ウッドプロさんで開催された「ガーデン&エクステリア相談会」に参加。そこでお会いしたグリーンの専門家、midoriの山本さんが後日裏庭を見に来てくださいました。

山本さんいわく、室外機から吹き出す風より、上に葉がある植物なら育つ可能性が高い。風が当たる部分は「幹」だったら大丈夫。室外機が3台並んでいて、その隙間に風がでない隙間があるので、そこに鉢を設置すれば、さらに安心とのこと。そして室内から窓の外の景色が楽しめるように、春になると可愛い花が咲くミモザをおすすめしてくださいました。

救世主、あらわる。とはまさにこのこと。
目からウロコがぽろりんこ。

そして・・・
ミモザが裏庭にやってきた!Ya!Ya!Ya!
ウッドプロさんによる室外機カバーも完成!

窓から見える景色もこんな感じで癒やされる〜
家から持ってきた多肉も元気もりもり。
2月後半、蕾がふくらんで、今にも咲きそう…
そして、待ちに待ったミモザの花が、今日、ふわふわっと咲きました!
なんてかわいいの。
永遠に見ていられます。ニヤニヤ。(仕事しろ)

これまでのロバ緑化プロジェクトはこちら

ロバ企画室 ONLINE SHOP にも遊びに来てね

Comment On Facebook